掛金と負担金

長期給付に係る保険料(掛金)率の引上げはどうなりますか?

 

平成16年10月から、長期給付に係る保険料率は、地方公務員と国家公務員を合わせた公務員年金制度として計算されており、平成21年9月からは、地方公務員共済年金と国家公務員共済年金の保険料率についても一本化されています。
 保険料率は、毎年引き上げられ、平成30年に厚生年金の上限である183/1000となります。

※保険料率

組合員保険料(掛金)の率と負担金の率を合わせた率。

■厚生年金保険給付に係る保険料率

(単位:千分率)
区分 29年9月〜 30年9月〜
保険料率
(総報酬ベース)①
179.86 183.00
(+3.14)
保 組
険 合
料 員
率    
標準報酬月額及び
標準賞与額に対する割合(①×50/100))
89.93 91.5
年金払い退職給付については、掛金率7.5/1000、負担金率7.5/1000となっています。
 
×ページを閉じる